任意整理

 

債務整理の手続きの基本は任意整理です。この手続きは、裁判所を介さずに、債権者との間で協議し、返済可能な分割回数と返済額に設定して、和解契約をすることによって、その後も引き続き、債務者の責任において返済を続けていく手続きです。この手続きは、借金の返済を続けていくことが可能な場合に検討すべき方法ということになります。

なお、消費者金融やクレジット信販会社などの貸金業者は、利息制限法という法律に定められた利率を超えた利息をとっていることがあります。利息制限法による上限利率を超えている場合(いわゆるグレーゾーン)は、引き直し計算を行うことにより、不当に取られていた利息分が元本へ充当されるので借金の額が減ることもあります。

任意整理を選択される方は、自己破産はしたくない、将来的にもきちんと返済をしていきたいなど、考え方はさまざまですが、一般的には下記のような方が任意整理に向いていると考えられます。

任意整理による債務整理が向いてる方

下記の事情に当てはまる方は、任意整理による手続きが向いています。
もっとも、下記に当てはまるからといって任意整理が絶対にできるとは限りません。
また、必ずしも任意整理をしなくてはならないわけでもありません。ご本人のご希望や、今後の収入の見通しなど、個々の状況を総合的に考えて、どの債務整理の手続きが適切かを一緒に考えていきましょう。

借金期間が長い方
借入期間が長い場合は、利息制限法で引き直し計算をした場合に大幅に減額される見込みがあり、減額された額を分割回数に応じて返済できます。
一部の債権者だけを除外して任意整理したい方
保証人がついている債務があり保証人に迷惑をかけたくない、また、車のローンがあり車を引き揚げられたくないなど、一部の債権者だけを除外して任意整理をすることができます。
自己破産が困難な方
ギャンブルや浪費による借金のため自己破産の免責許可が出ない可能性があります。
このような場合でも、任意整理には破産のような免責不許可事由のような要件がないため手続きが可能です。
個人再生による手続きが不向きな場合
総債務額が100万円以下であり、高い費用を支払ってまで個人再生をするメリットがない場合、また、1社のみに借り入れをしていて、その債権者が再生計画案に同意しない可能性がある場合など、個人再生手続きが不向きなケースでは、任意整理を選ぶことが最善の場合があります。
家族に知られずに借金を整理したい方
自己破産や個人再生のように、同居の家族の協力が必要とされる手続きではないので、同居の家族に知られずに手続きを進めることができます。
借りたお金はやはり返していきたいという方
今は返済が厳しいけど、借りたお金はやはり返していきたいと考えている方は、任意整理による和解によって、返済額や分割回数を決めて返済を続けていくことができます。
借金、債務整理に関するご質問